トクホについて

特定保健用食品「トクホ」について

特定保健用食品のマーク。
厚生労働省時代の実験データに基づいて審査を受け、
健康づくりのための食習慣改善のきっかけとして「〜が気になる方に」という効能
効果を表示することを日本政府から認可された食品。
通称「トクホ」「特保」と呼ばれる。

 

※注:「注意書きは必ず読みましょう!」
医薬品ほどの効能がない食品機能を厚生労働省が保証する制度であるが、審査が厳しく
認可取得に関する費用と時間がかかり過ぎることが問題視されてきた。 

 

 

個別許可型
商品ごとに個別に実験データを提出し審査を受け許可される必要がある。

 

形態としては、通常の飲食物(ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、お茶など)や
調味料(オリゴ糖など)、食用油などの形態をしたものが多く、錠剤やカプセル、
粉末状の物は少数である。

許可された成分と表示内容の例

これまでに認められている主な保健の効果の表示
表示内容 保健機能成分(関与成分)

 

お腹の調子を整える食品: イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、ポリデキストロース、キシロオリゴ糖、グアーガム分解物、サイリウム種皮、ビール酵母由来の食物繊維、フラクトオリゴ糖、ポリデキストロース、ラクチュロース、寒天由来の食物繊維、小麦ふすま、大豆オリゴ糖、低分子化アルギン酸ナトリウム、難消化性デキストリン、乳果オリゴ糖、ビフィズス菌、乳酸菌等

 

血圧が高めの方に適する食品: カゼインドデカペプチド、かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド、ラクトトリペプチド、杜仲葉配糖体

 

コレステロールが高めの方に適する食品: キトサン、サイリウム種皮由来の食物繊維、リン脂質結合大豆ペプチド、植物スタノールエステル、植物ステロール、低分子化アルギン酸ナトリウム、大豆たんぱく質

 

血糖値が気になる方に適する食品: L−アラビノース、グァバ葉ポリフェノール、難消化性デキストリン、小麦アルブミン、豆鼓エキス

 

ミネラルの吸収を助ける食品: CCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)、CPP(カゼインホスホペプチド)、フラクトオリゴ糖、ヘム鉄

 

食後の血中の中性脂肪を抑える食品: ジアシルグリセロール、グロビン蛋白分解物

 

虫歯の原因になりにくい食品: マルチトール、パラチノース、茶ポリフェノール、還元パラチノース、エリスリトール

 

歯の健康維持に役立つ食品: カゼインホスホペプチド−非結晶リン酸カルシウム複合体、キシリトール、マルチトール、リン酸一水素カルシウム、フクロノリ抽出物(フノラン)、還元パラチノース、第二リン酸カルシウム

 

体脂肪がつきにくい食品: ジアシルグリセロール、ジアシルグリセロール植物性ステロール(β-シトステロール)
骨の健康が気になる方に適する食品: 大豆イソフラボン、乳塩基性タンパク質

 

※こちらに表示してあるものと同じ保健機能成分(関与成分)を含んでいる食品でも、配合の割合や他の成分との相互作用などの関係もあるため、トクホと全く同じ働きをするわけではありません。

 

 

規格基準型
その成分を含んだ特定保健用食品許可実績が十分(おおよそ100件以上)であり、
科学的根拠が蓄積されている一定の基準を満たしている食品(成分)に関しては、
国が規格基準を定めたうえで、個別審査なしで許可をうけることができる。

特定保健用食品(トクホ)の認定基準

特定保健用食品(トクホ)の認定基準

 

・食生活の改善がはかられ、健康の維持・増進に寄与することが期待できるものであること。
・食品または関与する成分に着いて保健の用途の根拠が医学的・栄養学的に明らかにされていること。
・食品または関与する成分についての適切な摂取量が医学的・栄養学的に設定できるものであること。
・食品または関与する成分が添付資料などからみて安全なものであること。
・関与する成分について、性状や分析法が明らかにされていること。
・同種の食品が一般に含有している栄養成分の組成を著しく損なったものでないこと。
・まれにしか食されないものでなく、日常的に食されるものであること。
・食品または関与する成分が法律で定められた「もっぱら医薬品として使用されるもの」に含まれていないこと。(

 

(トクホ(特定保健用食品)とか栄養機能食品って何?|
「食品衛生の窓」東京都福祉保健局)より

 

 

特定保健用食品(トクホ)の認可に際して最も重要なのは「信頼性」です。
栄養機能表示
(ミネラル類)

 

名称 栄養機能表示
亜鉛 亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。
亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
亜鉛は、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。
カルシウム カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
鉄 鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。
銅 銅は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
銅は、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。
マグネシウム マグネシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
マグネシウムは、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。

 

 

(ビタミン類)

 

名称 栄養機能表示
ナイアシン ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
パントテン酸 パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビオチン ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンA
(注) ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。
ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB1 ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB2 ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB6 ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
ビタミンB12 ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
ビタミンC ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
ビタミンD ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
ビタミンE ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
葉  酸 葉酸は、赤血球の形成を助ける栄養素です。
葉酸は、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

 

                                              「食品表示課 消費者庁」ホームページより

 

 

 

トクホについて:参考関連ページ

体重を抑えよう
現代人は肥満と生活習慣病との関係が深刻になっています。それは、不健康な生活習慣から生まれてきます。では?その肥満が引き起こす病気には一体どのようなものがあるのでしょうか?早速、健康診断で頂いた資料や指導の元に検証してみました。
活性酸素の脅威
生命を脅かす活性酸素が引き起こす具体的な現象とは? 老化を促進させ、尚且つ多くの病気を引き起こす活性酸素とは? 一体どのようなものなんでしょうか?
健康機器
健康診断の結果 血圧計や体重計は各家庭に揃っていたほうが何かと便利でいいことが分かりました。 又、最近の計器は病院が健康診断に使っているような優れた機能に迫る。 内容の商品が数多く家庭用として販売されていることがわかってきました。 皆さんにはこれらを知っておいて欲しいので私が購入した一部をご紹介することにしました
高血圧が治る健康改善方法
日本人には血圧が上がりやすいタイプが多く、高血圧若しくは高血圧予備軍 とよばれる人が4000万人以上いると言われています。血圧が高い状態を放って おくと、脳、心臓、腎臓などの血管に負担をかけ動脈硬化が進んで脳卒中や 狭心症、心筋梗塞、腎臓障害などの合併症を起こしてしまいます。 そのため、 高血圧の人の死亡率は健康な人の3倍にもなりガン死亡者を大きく上回っています。 高血圧の原因としては、毎日の食生活によるものと遺伝が考えられます。
トランス脂肪酸の脅威
トランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸。 水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物です。半固体又は固体の油脂を製造する加工技術の一つである「水素添加」悪玉コレステロール、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなど トランス脂肪酸をたくさんとっている人ほど、ボケやすいと言われています。
抗生物質投与の餌とは?
抗生物質投与の餌とは?一言でいうと成長促進剤 現在、ヨーロッパでは禁止されています。WHOは「抗生物質を成長促進剤としての使用を禁止する」という方針を表明しています。日本ではまだ抗生物質が含まれる飼料を使用しています。
用語の説明
無添加品,オーガニック品に関係する用語の説明を行っています。
コーヒーの効用
現代人の食生活や石油由来成分に頼った生活は、健康を害し次の世代の人々に確実に悪影響を及ぼすと言われています。ではどうやって?
(株)恒食:自然食品の専門店
無農薬や有機栽培の米・雑穀・調味料・加工食品・海山物・健康茶・お菓子・サプリメント等 自然食品ならなんでも揃う専門店です。
焼き鳥のたれの作り方
焼き鳥のたれの作り方を紹介します。※注:全て自分好みにアレンジしてあるので甘さ控えめになっています。
健康を阻害する問題点
肥満:偏った食生活 食生活の欧米化 高たんぱく・高脂肪・低食物繊維食 ⇒動脈硬化の危険因子(動物性脂肪や砂糖過剰摂取) 食塩の過剰摂取⇒高血圧の要因 カルシム摂取不足⇒骨粗しょう症 加工食品、外食により、食品添加物や栄養素含有量の低下 ⇒栄養の偏り そんな方々のために健康を改善するための無添加生活を応援しているサイトです。
脱アトピー生活 脱ステロイドを目指したオーガニック商品
食生活の偏りや食品添加物の悪作用であったり、会社でのストレスだったりいろいろな要因が 挙げられますが、特に腸内環境の悪化による原因で体調不良になることが多いとされています。 だとしたら、腸内環境を整えることが健康や美容を維持する重要な カギであるということになります。