健康対策記事

健康対策記事記事一覧

体重を抑えよう

肥満と生活習慣病との関係で不健康な生活習慣とは?運動不足・食べ過ぎ・飲み過ぎ等があげられます。つまり、食事量と運動量のバランスが崩れてしまいその結果、摂取エネルギー過多になってしまい肥満になり内臓脂肪の蓄積を起こしてしまいます。脂肪細胞から多彩なホルモンが分泌されます。その結果が引き起こす病気とは?...

≫続きを読む

 

高血圧が治る健康改善方法

血圧を下げる食事方法:四少四多とは?血圧が高めの方にオススメの食事方法とは?一 少肉多菜:お肉ほどほど野菜たっぷりそうすれば健康もりもり二 少塩多酢:塩分採り過ぎは高血圧のもと酢は健康のもと三 少糖多果:甘い物は果物から砂糖は肥満への直行便四 少食多噛:腹八分目でよく噛めば幸せも噛みしめられる高血圧...

≫続きを読む

 

トランス脂肪酸の脅威

トランス脂肪酸が及ぼす影響とは?悪玉LDLコレステロールを増加させる善玉HDLコレステロールを減少させる冠状動脈や脳血管に悪影響を与える動脈硬化・痴呆・アルツハイマー病・パーキンソン病血中の中性脂肪の大部分を占めるトリグリセロールが増加: することでインシュリン抵抗性が増す高血圧・糖尿病・心臓病の原...

≫続きを読む

 

トクホについて:参考

特定保健用食品のマーク。厚生労働省時代の実験データに基づいて審査を受け、健康づくりのための食習慣改善のきっかけとして「〜が気になる方に」という効能効果を表示することを日本政府から認可された食品。通称「トクホ」「特保」と呼ばれる。※注:「注意書きは必ず読みましょう!」医薬品ほどの効能がない食品機能を厚...

≫続きを読む

 

抗生物質投与の餌とは?

抗生物質投与の餌とは?一言でいうと成長促進剤現在、ヨーロッパでは禁止されています。WHOは「抗生物質を成長促進剤としての使用を禁止する」という方針を表明しています。日本ではまだ抗生物質が含まれる飼料を使用しています。目的早く太らせるために飼料に少しずつ添加する。病原菌による感染防止のため。影響原因は...

≫続きを読む

 

用語の説明

無添加品,オーガニック品に関係する用語の説明を行っています。無添加食品:食品添加物に分類されるものが無添加である食品。合成添加物不使用の食品。 無添加化粧品:タール色素などの人工着色料、人工香料の不使用、無香料・無着色、界面活性剤の不使用や石油系界面活性剤の不使用ヘルスケア:健康の維持や増進のための...

≫続きを読む

 

コーヒーの効用

1 頭をよくする。2 脂肪を燃焼させ身体能力を高める。 脳内のカフェインによる効果で、気分を高揚させ、反応時間や記憶、覚醒など認知機能を向上させる。また新陳代謝率を上げ、身体能力を向上させる働きがある。3 糖尿病のリスクを下げる。4 アルツハイマー病やパーキンソン病のリスクを下げる。5 肝臓にやさし...

≫続きを読む

 

(株)恒食:自然食品の専門店

無農薬や有機栽培の米・雑穀・調味料・加工食品・海山物・健康茶・お菓子・サプリメント等(株)恒食は自然食品ならなんでも揃う専門店です。自然食品・健康食品の専門問屋で、4,000種類以上が常時在庫しています。無添加調味料、雑穀類、健康茶、サプリメント、自然派化粧品等々、自然派なあなたにきっと満足出来ます...

≫続きを読む

 

焼き鳥のたれの作り方

※注:全て自分好みにアレンジしてあるので甘さ控えめになっています。a.醤油 大さじ5 三温糖若しくは黒砂糖 大さじ2 本みりん 大さじ1 酒 大さじ11 全ての材料を、鍋で火にかけ煮詰めてください。ふきこぼれやない様に中火の弱で煮詰めます。2 火加減を注意しながらとろみが出るまで煮詰めてください3 ...

≫続きを読む

 

健康を阻害する問題点

肥満:偏った食生活 食生活の欧米化 高たんぱく・高脂肪・低食物繊維食⇒動脈硬化の危険因子(動物性脂肪や砂糖過剰摂取)食塩の過剰摂取⇒高血圧の要因カルシム摂取不足⇒骨粗しょう症加工食品、外食により、食品添加物や栄養素含有量の低下⇒栄養の偏り

≫続きを読む

 

脱アトピー生活 脱ステロイドを目指したオーガニック商品

腸内環境をととのえて、健康や美容を維持する重要なカギとは?6大栄養素の炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル、食物繊維のうち現代人に不足しているのがビタミン、ミネラル、食物繊維です。この不足要素を食べないために他の食材を更に食べてしまいその結果、太ってしまいます。食物繊維が不足すると腸内環境...

≫続きを読む